凄腕占い師ほどなぜプロフィールに複数の占術式を載せるのか

占い鑑定を受ける際には、具体的な相談内容を明確にしておくことで得られるアドバイスが的確になると考えられています。

では、なぜ占い師は複数の占術式をプロフィールに掲載しているのでしょうか。

占い師は相談内容に合わせて適した占術式を選択している

占い師にとって相談者は大切な顧客ですが、的外れな鑑定結果ばかりを提示してはリピーターになってくれません。

相談者は占って欲しい占術式があったとしても、実際に相談内容に見合った占術式を使わなければ残念ながら占い結果は外れやすくなります。

例えば、好きになった相手が持つ今現在の気持ちを鑑定して欲しいという時に、四柱推命や手相占いが必ずしも適した占術式とは考えられません。

なぜなら、四柱推命は統計的手法を用いた確率論で鑑定結果を導き出すので、気になる相手の生年月日と姓名が分かれば相談者との相性診断が可能ですが、今現在のリアルタイムな心情までは分からないからです。

個別具体的な相手に対するリアルタイムな内面を鑑定する場合には、霊感占いといった占術式が適していると考えられます。

このため、人気の占い師や実力派有名占い師ほどプロフィールに複数の占術式を掲載して、相談内容に合わせて使い分けを行っているわけです。

タロット占いが人気だからといって万能とは限らない

日本人に人気が高いタロット占いは、引いたカードの順番と図柄によりストーリー仕立てて占い鑑定を進められるからこそ人気があります。

しかし、実際にタロット占いならば全ての相談内容に対応出来るかといえば、万能には近いものの苦手としている相談内容はあります。

タロット占いは複数回の鑑定に対して弱いという一面があり、毎回引くタロットカードが変わるからこそ霊感占いと組み合わせない限りは同じ相談内容であっても鑑定結果が変わってしまうことがあるわけです。

タロット占いは最適な回答が必ずしも存在しない優柔不断な悩みに対して強い占術式であって、未来予測を行う時には鑑定時点での可能性を示すものとして参考程度とすることが望ましいと考えられています。

まとめ

有名占い師が複数の占術式を駆使して鑑定を行うことは、相談内容に合った占い方法があることを意味しています。

相談内容に合わない占術式を採用して鑑定しても、実力は占い師ならば鑑定可能ですが精度が落ちてしまうことは否めません。

占い師から相談内容に合わせた占術式がどれなのか、しっかり確認した上で鑑定依頼を行うことが悩みを解決する近道となるはずです。

投稿を作成しました 3

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る