当たる確率を上げるために知っておきたい占いの基礎知識

仕事に恋愛にと悩みが尽きない世の中、占いに頼ってみるのもよいですね。

しかし占いには様々な種類があるため、一体どんな占いを選べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。
実は占いには得手不得手があるため、それを知っておくことで、より精度の高い鑑定結果を得ることができるようになります。

当たる占い師の選び方はこちら

占いの種類は大きく分けると3つ

星座占いやタロット占いなど実に多くの種類がある占いですが、そんな占いは「命(めい)」・「ト(ぼく)」・「相(そう)」という大きく3つの種類に分類することができます。

「命」は主にデータを活用した統計学的な占いで、生年月日や出身地といったものを活用します。四柱推命や占星術、算命学などがこの「命」に当たり、一時期話題となった動物占いもこちらに分類されます。

「卜」は物事の成り行きや人の気持ちの変化など、時間によって移り変わっていく物事を占うことができます。

タロット占いやルーン占いなど道具を使った占いが多いのが特徴的で、人によって解釈が異なったりと占い師の力量がかなり如実に現れる占いであるといえるでしょう。

また、占い師をイメージするアイテムとしてよく用いられる水晶を使った水晶占いもこの「命」です。

最後の「相」はその名の通り手相や人相など、目でみて判断する占いです。

風水や姓名判断、夢占いなどもこれに当たるため、最も身近にある占いといってもよいでしょう。その人の現在の状態や未来を知ることができます。

占いの精度を上げるためには占術を選ぶことが必要

占いの精度を高めるためには、自分の悩みに合った占いを選ぶことが大切です。

例えば好きな人に告白したい、転職を考えているなどなにかを決断する際にはタロット占いなど「卜」の占術を、好きな人との相性が知りたいということであれば占星術や四柱推命など「命」の占いを選ぶなど、占いによる得手不得手を理解しておきましょう。

いろいろ調べてみたけれど自分の悩みがどの占いに分類されるのかいまいちわからない、このようなときには、多くの占術に精通している占い師に依頼するのがおすすめです。

ひとつの占術に特化しているのではなく様々な占術を習得している占い師はそれらを組み合わせた鑑定が可能なため、様々な悩みに対応することができるのです。

まとめ

占いの種類についてご紹介しました。

人間に好きなものと苦手なものがあるように、占いにもまた得意なものと不得意なものがあります。万能な占いなど存在しないのです。

自分の悩みにあった占術を選び、より精度の高い鑑定結果を得られるようにしたいものですね。

投稿を作成しました 3

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る